おでかけの準備とマナー

<お買い物>

込み合う時間の売り場は避けて出かける
ベビーカー、ショッピングカートを使用していることが多いでしょうから、混雑した店内では通路で邪魔になりがちです。お友達とベビーカーを押して並んで歩くのはかなりのスペースを他の人よりとっている意識を持って特に避けましょう。
それに、何より混雑の中でベビーカーに座る赤ちゃんの顔の高さは丁度大人が買い物袋などを待っているあたりにきます。赤ちゃんにぶつかってしまっては大変です。店内では硬いものや大きなものを買って待っている人が沢山いるので危険です。

おでかけに必要な物をチェック
ミルクをつくるお湯、おしり拭きシートいろいろ必要だけど現地にあるか無いか確信の無い場合は万一に備えて何でも持って出かけましょう。どうしても荷物を減らしたい場合は、行く店舗、施設などに何が置いてあるのかレンタル用品などがあるか、事前にチェックしておくといいですね。

赤ちゃんから目を離さない
お買い物に熱中していてついつい目を離した・・・なんてママは言い訳になりません。歩くようになった赤ちゃんなら特に一人で歩いていってしまい迷子や誘拐のキケンもあります。
常にベビーカーから目を離さず、歩く子なら手をつないで離さないようにしましょう。


<外食>

予約を入れてからでかける
あらかじめ行くお店が決まっていれば予約を入れて、出来れば個室があれば個室を予約しましょう。無い場合は他の人の迷惑にならない席で押さえてもらいましょう。

ピークの時間は避ける
レストランなどは本来、大人がゆっくりくつろぎ食事を楽しむ場です。赤ちゃん連れの多いカジュアルなお店やファミリーレストラン以外は、ランチ、ディナーのピークの時間帯は避けて。
特にディナータイムは避けた方がいいですね。赤ちゃんのリズムを考えて時間帯を決めましょう。

赤ちゃんを連れて行く環境か考える
喫煙者の多いお店、デート中のカップルの多いお店、BGMの大きなお店、など本当に赤ちゃんを連れて行っても良い環境か?本当に赤ちゃんが楽しめる環境のお店であるのか考えてからでかけましょう。

赤ちゃん用のエプロン持参で
赤ちゃんとの外食では食べこぼしなど、予想以上に汚してしまうもの。赤ちゃん用のエプロンを持参しておくと安心です。
お店のテーブルなども汚れる可能性が高いので、お店の人に一言軽く謝って退席するとよりスマートです。

HOME

<宿泊>

予約時に赤ちゃん連れであることを伝える
宿泊の予約の時に事前に赤ちゃん連れであることを伝えましょう。ホテルにベビーベッドや離乳食、ベビー用品の無料レンタルのある場合もあるので相談してみて。
ホテルでは赤ちゃん連れにあわせて他の人の迷惑にならないお部屋の準備、セッティングがあるので、(同じベッドで寝るから伝えなくていい)という勝手な都合で判断しないよう注意。

ロビーや廊下は公共の場
ホテルのロビーは公共の場であることを忘れてはいけません。部屋の中ではあるリラックスしていいのですが、一歩廊下やロビーに出たら、マナーをわきまえた行動をとりたいものです。たとえば、赤ちゃんが廊下をハイハイしたり自由に走り回るのもマナー違反。もちろんロビーのソファーでオムツ替えなんてもちろん厳禁。

部屋を出る時は極力かたづける
つい自分たちはお客なのだから、と甘えがちですが、常にサービスを提供する側の立場にも立って、片づけられるものは片づけてから退室するようにしましょう。高級ホテルになるほど実はお客さんの部屋の使い方をチェックしています。ちらかって汚いまま帰ると次回予約できない場合があります(満室で・・・など)また、いつもと違う環境で赤ちゃんが興奮して、つい騒ぎすぎたりすることもあると思いますが、周辺や階下の人に足音などが迷惑にならないよう配慮ましょう。

トイレトレーニング中はおねしょシート持参
オムツ外しの時期などで、おねしょの心配があるときは、あらかじめおねしょシートなどを用意し、ベッドにセットしておくのが基本。シートが無ければ万一に備えてオムツにして寝るのがマナー。もし、普段は大丈夫な子が環境の変化などで、うっかりおねしょしてしまったときは、きちんと宿の方に申し出てお詫びしましょう。おねしょしてしまったお子さんは普段大丈夫な子ほど気持ちが落ち込んでしまいます。「シートひいてるから大丈夫よ。」「ずっと大丈夫だったから今日くらいいいじゃない!」など笑ってお子さんへの気持ちのフォローも忘れずに。

おでかけはママのストレス発散にも重要!
おでかけの準備とマナーを心がけて楽しい
赤ちゃんとのおでかけにしましょう☆

おしゃれママ、ベビーのオンラインショッピング
◆◇【Bee Mom Baby ビー・マム・ベイビー】◇◆

ビー・マム・ベイビー

ディズニーランド周辺ホテル格安予約は一休.com